Aloha authentic : 「ハワイアンムーンカレンダー」





地元TV局KHON2で

毎週やっているコーナーAloha Authentic。


ハワイにはハワイ語の名前の

ストリートがたくさんありますが、

その名前の由来を教えてくれるコーナーです。


(clubhouseのルームで

ご紹介しているので、簡単に和訳します。)


今回取り上げているのは

マウイ島にあるMahina St について。


(注: オアフ島のカイムキにも

Mahina Stと名付けられている

通りがあります)



ハワイ語のMahina(マヒナ)は、

「Moon または Month」の意味。


ネイティブハワイアンたちは、

太陽を回る惑星たちの動きよりも、

月の見え方を元に暦を作っていました。


ハワイアンムーンカレンダーは、

12ヶ月あり、1ヶ月29.5日で

成り立っています。


おおよそ30日ある太陰暦は、

10日ごとに区切っており、

一区切りをAnahulu(アナフル)

と呼んでいます。


これがハワイアンにとっての

1週間にあたります。


最初のAnahuluをHo'onui(ホオヌイ)

と呼び、「拡大する」という意味。

新月から上弦の月を指します。



2週目のAnahuluをPoepoe(ポエポエ)

と呼び、丸を意味し、満月を含む、

丸みを帯びていく段階を指します。



3週目のAnahuluをHo'emi(ホーエミ)

と呼び、月の衰退期をさす

「減少する」ことを意味します。


出典:http://countonthemoon.blogspot.com/2015/03/kaulana-mahina-three-anahulu-weeks-of.html 月は、時間を測定するだけでなく、

農民の暦、漁師の潮汐表、

聖職者たちのスピリチュアルガイド

としても機能しました。


Did you know? Now you do!



最新記事