ハワイの誇り!ホクレア号の偉業〜死のゾーンへも立ち向かった世界航海

9月21日は世界で「PEACE DAY」と

銘打たれています。

ハワイは世界でも唯一

州独自のPEACE DAYを設定し

ハワイ大学の教授が中心になって

イベントを行っています。

毎年最も平和に貢献した人を選定し

そのセレモニーがあるのですが

今年は

3年間の世界航海を無事終えて

ハワイに戻ってきた

ホクレア号のキャプテン

ナイノア・トンプソン氏が

「Peacemaker Awards」を受賞しました。

写真: http://www.hokulea.comより

そして

彼のスペシャルスピーチがありました。

2007年に

日本航海プロジェクトがあり

その時のスピーチも聴きに行ったのですが

いたく感動したのを鮮明に覚えており

今回も楽しみにしていました。

ちなみに

以前ブログ

『映画『モアナ』を観る前に

知っておくとよいこと』

でも、ホクレア号のこと触れています。

(この映画製作時ホクレア号の人たちに指導を

受けています)

今回の世界航海プロジェクトは

1992年から協議されていたそうです。

たしかに

この伝統的航海法は

ポリネシアの島々で使われていただけで

それが決して世界の海で通用するか

なんてわかりませんもんね。

その話し合いが行われている間に

今まで聞いた事のない

「言葉」が次々とでてくるようになった。

その一つが

「Climate Change(気候変動)」

いわゆる

”地球温暖化”ですね。

そうした

今までにない

地球の変化の文献も資料も

経験もない中

世界航海をして大丈夫なのか?

つまり、明らかに

"危険が大きすぎるプロジェクト"な

だけに、何度も何度も話し合いが

重ねられたようです。

そして、協議の結果

2014年5月から世界航海

「Malama Honua マラマ ホヌア

(地球島をいたわる)」

が始まったわけですが

その航海の中でも

一番危険が伴うとされたのが

「インドネシア〜南アフリカ」

の航路だったそうで

ボードミーティングでも

「南アフリカ行きは辞めろ!

カーゴの船を送るから

それにホクレア号を乗せて