日本の思い出は「破廉恥な熊の置物と紫色のカバ」

前回のブログで

思わず旦那のことを

「たぬきのような体型」

と表現をし

我ながら後で

「なぜたぬき?

熊とかでもよかったはずなのに」

と不思議に思いながら

あることを思い出したのでした。

うちの旦那は

10年前に仕事で日本に3ヶ月ほど

住んだことがあります。

それで約2年前のある日

和食レストランで食事をしていた時

(どこだったかは忘れちゃいました)

「日本でもよくレストランで

熊の置物を見かけたけど

あれ何の意味があるの?」

と聞かれたのです。

それで瞬間的に

思い浮かんだのがこちら↓

出典http://www.tomiya-s.com/eshopdo/refer/cid1s0m0.html

ちょうど私が座っていた席からも

これらしい置物が見えたので

あっ、

きっとあれを見て言ったんだな

と察し

「日本の民芸品で、北海道の

代表的なお土産なんだよ」と

話しました。

ところが、旦那が

「なんか局部まで作られていて

それを店先に置くなんて、日本て

変なの〜って思ったんだよね」

って言うので

ん?? きょ、局部?!

熊の木彫りはそこまで彫ってない

何か違う・・

もう一度よ〜く見てみたら

私が熊の木彫りと思ったものは

全く違うもので

一体何のことを言っているんだ?

と店内を見回すと

これ↓ があったのです。

「もしかしてあの置物のこと?」

と聞くと

「そうだよ!

日本のレストランでは

よく置いてあるでしょ?」

と返ってきたので

「確かにそうだけど

あれ熊じゃないんだよ」

と 言うと

すごい驚いて

「えっ?

熊じゃなかったら何なの?」

と聞かれてしまい

げっ、困った・・

「たぬき」って英語で何ていうんだ?

と慌ててスマホで調べ

「Raccoon (ラクーン)」と

答えたのでした。

旦那からすると

全くもって「たぬき」に

見えないから余計に驚いた様で

そして再度

「なぜたぬきの置物を

(しかも局部も露わな!!)

店先に置くの?」と聞いてきたのです。

それに全く答えられなかった私。

物心ついた頃から食事処の店先