ピルボックスハイキングが流行っている訳〜旧⚫️跡地だから〜

November 11, 2017

ハワイの昨今の流行りの

「ピルボックス」ハイキング。

 

最初は、あの"天国の海"という名の

「ラニカイ」を見下ろすことができる

「ラニカイピルボックス」から

人気の火がつき

  (何を隠そう、私のLINE@のプロフィール写真は、ラニカイピルボックスから)

 

 

 

 

最近では

オアフ島西部

ワイアナエの"ピンクピルボックス"

 

 

そして

ノースショアの

"エフカイ ピルボックス"

 

 

 

なんかもすっかり人気に・・

 

 

でね、

なぜピルボックスが人気かと言うと

どこも「絶景」が見られるから。

 

 

なぜ「ピルボックス」のところは

絶景なのかというと

 

 

旧軍跡地だから・・です。

 

 

 

ピルボックス(Pillbox)とは

「トーチカ」です。

 

 

 

 

 

トーチカとは・・

コンクリートなどの掩蓋によって堅固に保護された機関銃座あるいは小口径の砲座。通常5~6人の兵士がたてこもる。1つだけで存在せずに,あらかじめ火線が計算され,いくつかのトーチカが連携した防御陣地が造られる場合がほとんどである。日本語になったトーチカは,ロシア語の tochkaが基となっている。

(出典: https://kotobank.jp)

 

 

 

つまり

軍が敵の動きを観察&攻撃できるよう

「見晴らしいの良い」場所設置したから

"ピルボックス"="絶景スポット"

になるんですね。

 

 

 

それは同時に

結構ハードなトレイルであることも意味します。

 

 

見晴らしいの良い高いところに

敵陣にばれないように作るので

距離的には短くても

 

 

急斜面でラフな道のりが多いです。

 

 

だから

いずれのピルボックスに

ハイキングに行く場合も

体力に自信のある人のみ

お薦めです。

 

 

 

 

 

また

 

 

実は誰もが知っている

山も軍施設があって

ピルボックスの一種がある

のをご存知でしょうか?

 

 

それは

「ダイヤモンドヘッド」です。

 

 

ハイキングしたこと

ある方はわかると思いますが

あそこも頂上は

パノラマビューで最高の景色が

広がりますよね?!

 

 

その頂上にたどり着く直前に

実は軍がつくった

「バンカー(掩体豪)」の中

から頂上に出ます。

 

 

バンカーは、

攻撃するための施設でも

あるピクボックスと違って

敵の攻撃から守るための施設、

だそう。

 

 

ピルボックスは、

”バンカーの一種”

というくくりのようです。

 

 

 

ダイヤモンドヘッドを下山するとき

後ろを振り返ると

”バンカー”であることが

よ〜くわかります。

 

 

こちらの記事に写真あります↓

 

ダイヤモンドヘッドハイキング

 

 

 

 

 

 

ちなみに

元陸軍に所属していた

うちの旦那は

こういう山中の訓練を

経験しているし、

 

ピルボックスが

何なのかをよく理解

しているので

 

私が「Pillboxに

ハイキングに行こう!」

 

って言うと

「やだなぁ〜」

って思うそうです(笑)

 

 

 

かわいそうに。。

 

 

 

 

またね、

こうしたピルボックス以外にも

ハワイには

旧軍管轄地のビーチがあります。

 

 

その一つがオアフ島西部の

ホワイトプレインビーチです。

 

 

サーファーにも人気のビーチで

週末は特にたくさんの人が

やってきます。

 

 

 

実はエヴァビーチに住む我が家からも

すごい近いので、時々行きます。

 

 

 

 

遠くにダイヤモンドヘッドも観れて

素敵なビーチです。

 

 

 

さらに

うちの近所にあるタウンハウスも

旧軍所有地で、敷地内にある

ビーチは「これぞリゾート!」と

思わせる最高の景色が広がります。

 

(ただし

水はあまり綺麗じゃないらしい)

 

 

 

 

つまりですね

「前は米軍がここ

所有してたんだってー」

という場所は、必ずと言っていいほど

絶景地にあるので

 

 

 

今後は行けるチャンスがあったら

行かれると良いですよ!

 

 

 

 

ちなみに、ちなみに

旅コーディネートの仕事で

クライアントさんを連れて

 

「朝日を見に

ラニカイピルボックス」

行きました。

 

 

これは

「死ぬまでにやるべきこと」

の一つと言えます!

 

 

 

闇夜からうっすらと

じょじょに真正面にある

地平線と左右にある山脈が

明るくなっていく光景は

 

体内がぞくぞくして

感動でした。

 

その様子がこちら↓

 

 

 

 

もしそのガイドご希望の方は

ぜひメールにてご連絡ください!

 

miki.cabatbat@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

あなたのハワイ旅のコーディネート承ります!

September 2, 2017

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索