稲川淳二もびっくり!ハワイで嘘の様な本当にあった話

September 19, 2017

 

私の本職のライター業で

最近よく頼まれるのが

 

「ハワイに住みたいっていう人が

周りに多いので、どうやったら

住めるかを書いてもらえませんか?」

 

なんですね。

 

 

それで今一社連載コラムで

「ハワイに住む方法」を

書いているのですが、

 

 

そこで最新の記事で

ハワイのルームシェアのことや

部屋の探し方について書いたのですが

 

 参照:

ハワイ在住ライターが直伝!

「ハワイに住む方法」vol.6

 

記事を提出した後に

色々思い出したことがあって

「そのことも書けばよかったかなぁ〜」

なんて思ちゃって

 

だったらブログに書いておこうと

思った次第ですw

 

 

コラム記事にも書きましたが、

私がハワイで部屋探しをした時

Craigs List(クレイグスリスト)という

サイトを利用したのですが

 

 

 

エントリーNo.①

物件探しで習ったスラング

『420-Friendly 』

 

よく

Pet Frielndly (ペット可)

Kids Friendly(子供連れでもOK)

Family Friendly(家族向け)

 

といった表示をレストランや

いろんなお店で載せますが、

 

 

この420 Friendlyって

物件探しの時によーく目にした言葉。

 

一体何のことがさっぱりわからず

最初は気にしないでいたのですが

 

ある日友達に尋ねたら

「マリファナ吸ってるってことだよ!」

と言われてびっくり。

 

ご存知の様に

ハワイではマリファナ吸っている人は

多いし、今も隣の家から臭いがするし

タバコの一種くらいの感覚で

「大したことない」と思っています。

 

 

 

でも、

一応ハワイではまだ(医療用以外)

「違法」なので、

何かあった時に巻き込まれたら

嫌だなぁ〜と思って

 

それがわかって以来

"420 Friendly"と書いてある物件は

避けるようにしました。

 

一度だけそれが明記されてなくて

物件を見に行った時に

「僕は吸うけど大丈夫かな」

と言われたことがあったなぁ〜。

 

正直者でよかったですが

でも、やっぱりそこは断りました。

 

ちなみに

気になるとすぐ調べたくなる私(笑)

 

なんで「420」なんだろう〜?

と思って調査したのですが

 

警察でマリファナ所持に関する

犯罪コードが420

 

だとか

 

あとは

学校終わりに皆で集まって

マリファナに吸うのが流行り

 学校が終わるのが4時だから

「4時20分に集合」

だったことから420になった、

と諸説あるようです。

 

**********************

 

エントリーNo.2

「今でも覚えている衝撃物件」

 

それが

「ヌードで過ごせる人」

が条件だった物件です(笑)

 

高級住宅街のカハラにあるお家で

「住人全員ヌードで暮らしているから

それでも大丈夫な人。

それができない人は不可」

 

って書いてあって

「なんじゃそりゃ!ヒッピーか!」

と突っ込みながらも、

 

ええーでも

あの高級住宅街にある家じゃ

豪邸だろうな〜

どんな暮らししてるんだろ〜

見てみたいなぁ〜

 

なんて思った記憶がありますw

 

決してここには

「Nude Friendly」なんて表現は

されてませんでしたけどねw

 

しばらくその広告掲載されていたので

なかなかルームメイト探しに苦労していた

ようです(笑)

 

***************

 

そして、最後エントリーNo.3

一番悩んだ「お化けがでる物件」

 

私は、マノアが大好きで、

できればマノアに住みたいと思い

物件を探していたら、ある時

「おぉー、これはよい!」

というのを見つけたのです。

 

 

マノアで、コテージと呼ばれた

いわゆる「離れの家」だったので

大家さんが母屋に住み別々な上に

確か家賃$620くらいだったはず。

 

こんな私が求めていた

条件全てが揃った物件はない!

と思って即連絡をとりました。

 

 

すると・・

「前もって言っておかないと

いけないことがあるの」

という出だしの返事がきたのです。

 

 

「実は、このコテージは

亡くなった義母が住んでいたのだけれど、

ここ数ヶ月で3人の人が借りたんだけど、

皆、突然出て行っちゃったの。

 

一番最近の子は

『クローゼットから変な声がした』って

大騒ぎになって、夜中の3時にも関わらず

彼氏に迎えに来てもらって出て行っちゃったの。

 

次の日荷物を取りに来たんだけど

『クローゼットにある洋服はいらないから

処分して!』って置いていったのよ。

 

 

私もコテージには夕方になると

行かないから一体何が起きているか

わからないんだけど、

 

 

借りてた人全員が口を揃えて

『何か不気味な音(声)がする』

って言うの」

 

ってあったのです。

 

 

全くもって予想だにしていなかった

内容に唖然・・

 

 

さらに続いて

「義母が亡くなって火葬して

骨を入れた壺があるんだけど、

主人がコテージの壁の煉瓦を

いくつか外して、そこにその

骨壷をいれて、また壁を作ったのよ」

 

とあり

 

 

それって明らかに

お義母さんが怒ってるんじゃん!

 

 

って、

もうおばけの正体バレバレ

という話しだったのです(笑)

 

 

「主人にどうにかしてよ

って言うんだけど、聞き耳もたなくて

何もしてくれないの。

 

それでもこの部屋興味ある?」

 

って聞かれたのでしたw

 

皆さんだったらどうしますか?

 

実は、私、これ相当悩んだんです。

 

なにせ大好きなマノアで

自分一人で住める部屋が確保

できてこの値段なんて

そうそうない・・

 

私、霊感全くないので

幽霊なんてみたことないし

大丈夫じゃないか。

 

って

かなーーーり真剣に考えました。

 

相談した人たちには即刻

「えぇ、そんな物件やめなよ」

って言われましたが

 

 

私なら大丈夫じゃないか

 

っていう思いもあって

散々悩んだあげく

 

「とりあえず興味があるので

お部屋を見に行っていいですか?」

 

と返事をしました。

 

 

ところが

確か2日くらい待って

「ごめんなさい!

住む人が決まりました。

とりあえず、

試しに住んでみたいっていう人が現れた

ので、その人に貸すことにしました」

って返事がきたのです。

 

 

そうやって返事くるとちょと

「私もやっぱり住めたかも!」

とも思えましたが

 

 

「これは私には住むなってことだな」

 

縁がなかったのだ、、

ということでキリをつけ

新たに物件探しをしたのでした。

 

 

*****

今はもう結婚して

主人の実家に入り引っ越す予定も

ないので、こういった物件探しを

することはないですが

(もともと一度住んだら

動きたくないタイプなんです)

 

振り返ると

この物件探しも面白い体験だったなぁ〜

と思います。

 

 

「コラム」にもこういう内容書いて

あげた方が親切なのでしょうかね?

 

今もそこで悩みますw

 

<広告>

旅ブロガーになりませんか?

 

 

 

 

保存保存保存

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

あなたのハワイ旅のコーディネート承ります!

September 2, 2017

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索