• Miki Cabatbat

NO.64 ロコの不倫事情


主人の職場は、軍事産業という職種からか、同僚はほとんどが男性で、既婚者です。時々同僚のお家でホームパーティがあったりして、「みんなもう落ち着いているなぁ〜」と思っていたら、それがどうもそうではなかったのでした。



 まずある一人の同僚Cくん。あれは2年前のこと。奥さんが、高校の同窓会か何かで再会した男性と恋に落ち、「彼のもとにいく」と宣言されたというのです。当時5歳の息子もおいて、彼の住むハワイ島へいくと。しかも、他の同僚宅でホームパーティがあり、みんなで集まっていた時、Cくんが「今夜彼女はハワイ島に行くから、僕が空港に送らないとなんだ」って言っていて、はぁ?! 何それ、どこまでお人好しなの!!と他人事ながらちょっと怒りすら覚えました。打ち明けられた主人や他の男性陣も何も言えず、ただ聞くだけ。ところが、もっと驚いたのが、その奥さん、実際にハワイ島の彼のもとへ行ったのだけれども、たった1日で、「やっぱり間違えだった」と言って、Cくんと息子の元へ戻ってきたのだというのです。これにはまた唖然。主人がいうには、「実際相手の家に行ってみたら、想像していたのとは全然違って、きっとCの方が安定した仕事で、きちんとしていたってのがわかったんだと思うな」と。そうだったとしても、よくもまぁ、Cくんはそれをまた許して受け入れたなぁ〜と思います。とりあえず、無事今も一緒に暮らし、今年は新たに女の子が生まれ幸せそうです。



 そして、もう一人の同僚Sくん。ここは、奥さんが前夫との子供(男児)2人がいる子連れ婚。いつも会うたびに感じたのが、奥さんがSくんを大好き。彼との子供が欲しいと必死で、体外受精をして男児を出産。その子の1歳の誕生日パーティーもかなり盛大にやりました。 ところが、今年にはいってから主人が、「Sがさ、実は奥さんと離婚してたんだよ。一瞬別居した時期があったみたいだけど、でもね、今ね、また一緒に暮らしているんだって。しかもね、彼女、妊娠中でね、今度は女の子なんだって」と言うのです。私は、それを聞いた瞬間に、意味がわからず、「どういうこと?」と聞いたら、どうやら奥さんが、警察官と不倫をしていたらしいのです。それで、離婚したんだけど、でも、また一緒に暮らすことになり、元の家に戻り暮らしている。但し、離婚したままで、籍ははいっていない、ということです。 私は、「その子供って、警察官との子じゃないの?」と尋ねたら、「さぁ、わからないよ」との答え。 だって、Sくんとの子供が欲しくて不妊治療していた時も、Sくん側が原因で自然妊娠が難しいと聞いていて、逆に彼女は卵が12個も採れたというのです。それでなくとも、前夫との間に2人の子供を生んでいるくらいですから、彼女はとても健康体なのがわかります。だから、ここにきて、Sくんと自然妊娠したとは考えにくいと思ったわけです。まぁ、誰が父親であれ、2人の間で納得しているのなら、私たちには関係のないことですし、無事その子を出産して、Sくんも大変可愛がっているそうです。



 思わず主人には、「みんな色んなドラマあるのねぇ。それを思うと私たち夫婦って、何もなくて、周りからみたらつまらない夫婦よね」と言ってしまいました。


注* このコラムは、2019年11月に「日刊サン」に掲載されたものです。

#ハワイ #国際結婚 #異文化 #ハワイに住む #プエルトリコ #フィリピン #連載コラム #義弟 #彼女 #ドラマ #家族 #複雑 #渡鬼 # #ファミリードラマ #リアルTV #不倫

© 2018 by Miki Cabatbat