• Miki Cabatbat

No.44 我が家の恋愛事情<2017年下半期>



 今月32歳になった義弟は、どうやら二股中のようなのです。今年3月にこちらのコラムでもご紹介しましたが、昨年クエートに住んでいた時に、遠距離恋愛をしていた彼女とギリシャのサントリーニ島で大喧嘩して破局。今年2月にハワイに戻ってきてすぐにコロラド在住のガールフレンドがいることが判明し、ハワイに遊びに来て我が家に2週間滞在。しかし、そこで両者”違う”と悟ったのか、その恋はすぐに終わりました。



 そして、今年後半にはいって、新しい彼女ができました。昔からの知り合いのようで、彼女は4歳になる一人娘がいて、その娘の父親にあたるボーイフレンドとは11年付き合っていたのが、今年にはいって別れてしまい、その直後義弟とつき始めたようなのです。 

 サントリーニ島で別れた元彼女とタイプとかぶるボンキュボンとした体の線を敢えて見せるセクシーさ全開の子。前回のコロラドの元カノは、ゴシック系で全くタイプが違ったのですが、今回改めて義弟は基本的にこういう「いかにも」な子が好きなんだなぁ〜と思いました。



 ところが、先月末主人がどうしてもGuns N’ Rosesのコンサートをみたくて、急遽LAに弾丸1泊二日の旅行に行きました。その出発の夜義弟に「この携帯持っていって。これで適当に写真撮って、僕のインスタグラムに投稿して」と突然携帯電話を手渡されたのです。なぜそんなことを?と思ったら、彼女には、自分も一緒にLAに行くと伝えていたらしく、その証拠写真を撮るよう頼まれたのでした。 その面倒な頼まれごとから、主人がぽろっと「別の女の子とデートするんでしょ」と漏らしたことで、私は義弟が二股中だとわかったのでした。


  実は、義母も主人も前から義弟が別の女の子ともデートをしているのを知っていたのです。数ヶ月前に義弟は新しいバイクを買ったのですが、セクシー彼女はバイクには乗らないらしく、もう一人の女の子はバイクが好きだそう。義弟が一つ余分にヘルメットを持って出かける時は、もう一人の子とデートだとわかると2人は言います。そのデート相手は一体誰なのかは私たちは全く見当がつかないのですが、義弟も違う子とデートしていることは私たち家族には隠していません。ここまで堂々とされると何も言えず、私たちは見守るだけ。

 そして、義弟の誕生日直前にどうもセクシー彼女と喧嘩をしたのか、「彼女とは会ってない」という義弟。即様義弟のインスタグラムをチェックしたら、彼女をフォローから外しており、自分の誕生日を迎えた深夜には、もう一人の女の子と一緒にお祝いしていたこともわかったのです。セクシー彼女とは別れてしまったのか?!と思えたのですが、ここにきてまた復縁したようで、家に連れてきたり、デートにいっていたり義弟もわかりやすい位にご機嫌です。



 要は、セクシー彼女は一応義弟の本命なのでしょう。ただ、彼女のインスタグラムには、義弟と映っている写真は一切載せていないので、彼女は恐らくそこまで本気ではないと私は思っています。義弟も二股して「プレイボーイ」を演じているつもりですが、結局そのセクシー彼女に手のひらで転がされているような気がしてならず、義姉としてはため息がでる光景です。


【関連記事】

No.35 我が家の恋愛事情 <2017年上半期>


*注意* このコラムは、2017年12月に「日刊サン」に掲載されたものです。

#ハワイ #国際結婚 #異文化 #ハワイに住む #プエルトリコ #フィリピン #連載コラム #二股 #恋愛 #義弟 #本命 #LA #ロサンゼルス #プレイボーイ #デート 

© 2018 by Miki Cabatbat