• Miki Cabatbat

No.33 飼い主に似るって本当


 

 昨年の我が家の一大ニュースは、「愛犬ハニーガール(推定9歳)まさかの妊娠&出産!」でした。義父が大変犬好きで、生前とても可愛がっていたビーグル犬2匹を、今残された家族である私たちが面倒を見ています。

もう一匹は雄でフーリオ(推定10歳)と言い、ハニーガールとは叔父と姪っ子の関係になります。決して今回生まれたのは、この2人間に生まれた仔犬ではありません。

今回のアクシデント(?!)は、私たちが9月頭にサンフランシスコに旅行に行った時に起きました。旅行中犬の世話をアンティ(義母の妹)に頼んだのですが、たまたまアンティに一緒についてきたアンクルが、「うちにこの2匹を連れて行って、留守中うちで面倒みればいいじゃないか」と提案し、そのままフーリオとハニーガールをミリラニの家に移動させたのでした。



 旅先にいた私たちも「確かに、わざわざ毎日うちに通ってもらうより楽だよね」となり、ただその時冗談で「ハニーガールが妊娠したりして」と皆で笑って話していたのです。まさかその冗談が現実に起こりうるとは思いもよりませんでした。

アンティ宅にも2匹犬がおり、1匹は昨年から飼い始めたばかりの1歳の雄犬ブリタニー・スパニエルがいるのです。 その犬との間の子が6匹11月3日誕生したのでした。

 ちょうど私は日本に行っている最中で出産には立ち会えなかったのですが、平日昼間に義母が家に一人でいる時にお産が始まり、もともと犬が好きではない義母は大パニックになり、主人の職場やアンティに電話をかけ大騒ぎだったようです。 それからランチタイムに主人が家に戻り、またアンティが息子と一緒に我が家に来て、出産が無事できるように環境を整えたそうです。 



 このひと騒動を、我が家が話しのネタにしないわけがありません。 私にいたっては、主人との間に子供がまだいないので、「愛犬に先越されました」といい周り、義母は、一連の流れを話した最後に必ず「まさか妹のうちに預かってもらっている間に子供つくっちゃうなんて、さすがプエルトリカンでしょ?!」と言っています(笑)



 ハニーガールもフーリオも、食べることが大好きな犬で、特にハニーガールにいたっては、のんびり屋のフーリオの食べ物を横取りしてしまうこともあるほど食意地の張った犬で、「You guys belong to our family」と、食いしん坊の我が家にいるべきしている犬だと言っています。




 今回の妊娠騒動でもますます「飼い主に似るって本当ね」と大笑いしています。結局仔犬5匹の里親はあっという間に決まり、昨年末大晦日までに全員里親のもとに引き取られ、現在は雌1匹をうちで飼っています。2017年は、そんな新たな家族フィーフィーを迎えての幕開けでした。今年は、 フィーフィー加えた新家族メンバー編成で、リアリティーTVさながらな話題をお届けできたらと思っています。皆様、今年も何卒宜しくお願い申し上げます。


*注意* このコラムは、2017年1月に「日刊サン」に掲載されたものです。

#ハワイ #国際結婚 #異文化 #ハワイに住む #プエルトリコ #フィリピン #連載コラム #愛犬 #犬 #子犬 #妊娠 #ハプニング #一大事 #ビーグル #ブリタニースパニエル #ペット

© 2018 by Miki Cabatbat